この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

世良喜一

 お久しぶりです。こんばんは、喜一です。
 新作は一カ月後……の予定だったんですけどね。早くなりました。消さずに済んだのが大きかったです。
 以前よりも読みやすくなっている、と信じたい……です。現状のものは試作とさせてください。さらに改稿するかはまだ未定です。
 内容については、魔王の塔軍勢が単なるその他大勢と化してますが、いまに始まったことではないのでよしとしましょう。
 最後に、お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。まだ読んでくださる方がいらっしゃるかはわかりませんが、ほそぼそとやっていきたいと思います。よろしくお願いします。
 運営の方にも、連日の改稿でご迷惑をおかけしてしまいました。このような場を提供していただけること、感謝しきりです。
 ありがとうございます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ