この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

世良喜一

 ここはあえて。メリークリスマスです。喜一です。
 なんで私は今日、投稿しているのでしょうね……。
 さて今回のお話は、信也くんが一姫さんに夜道ならぬ氷の世界で刺されたあとのことですね。いつか刺されるとは思っていましたが、まさかタタラさんでもミレさんでもなく一姫さんに刺されるとは驚きでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ