この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

54

しおり

閲覧感謝します。
ようやくこの√で望月と幽霊男が出合いましたね。
人を殺したと訴える幽霊男。
身に覚えがない望月。
うっかり忘れてしまうような出来事ではないはず。
でも本当に忘れているのか、違う人格なのか、はたまた別の犯人や原因が隠れているのか……
まだ望月自身にも分かりませんが、徐々に紐解いていきます。
誤字脱字ありましたらコメントください。
次回もよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ