この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

58

heim

古き良き喫茶店。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
恋歌は、常葉とのやりとりはほぼ全て智花に話しています。だからこそ、智花にとってはもどかしかったり腹立たしかったり苛立ったりはあった訳で。けれどそんな第三者目線の感情を無闇に押し付けるほど彼女は愚かではなく、かといって全部を受け流せるほど大人でもなかったから、積もったものもありました。それが思いっきり顔を出したのがこの対決編です。とはいえ、恋歌のためを思ってる基本部分に一切の歪みなし、って辺りが智花らしいところです。
対決編は残り6話程。その後はまた番外編を挟みつつ、しばらくお待ちいただく感じです。が、ここまでお付き合い頂いた皆様お察しのように、書いてる奴が自分ですので、次の本編まであまり長くお待たせはしない予定、です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ