この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

56

heim

何度でも、好きだよって言える。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
わりとゆっくり更新で申し訳ありません。クリスマスにかこつけて青鳥領域小話集を23話連続更新するのを優先してる為です。小話集の中にも放課後の小話は入ってます。話のタイトルで中身が分かる仕様になってますので、未読の方はお暇な時にでも常葉の名前の話をどうぞ。割と自重してない常葉多め。常葉の一人語りという、こちらの本編からするとレアな内容も入ってます。
必要とはいえ「自分への恋心」を毎回取らなきゃいけないことを、好きになったからこそ今まで通り仕方ないでは流せなくなる辺り、常葉も人の子です。でも、そんな躊躇すら破壊するのが恋歌の言葉。常葉の分厚い壁の向こうには、これくらいの破壊力があってようやく届く、のもありそうです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ