この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

50

heim

わかったわかった。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
恋歌の脳内では、少なくとも高校生のうちはかなり健全なお付き合いしか想像が出来ないようです。大学生になっても恐らく泊まりとかしたいと思いません。家に帰る時間がちょっと遅くなっても大丈夫、くらいの認識。仮に家に呼んだとしても、そこで常葉が泊まる可能性は想像できてません。そんな大きな家じゃない(客間がない)せいもあるでしょう。
智花はちょっと寂寥感に襲われてましたが、恋歌の反応があまりに恋歌だったので呆れつつも安堵してしまい、そんな自分にも呆れて馬鹿馬鹿しくなったので話を切り上げました。
恋歌は常に恋してる相手へ一途です。何人もに目移り出来るほど器用じゃないので。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ