この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

56

heim

(私だってこんな事言いたくないわよ!)
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
恋歌はどこまでも恋歌です。実はそれなり捻くれた側面や見せたくない側面のある常葉の、一番の理解者は智花でしょう。でも惹かれ合う理解者でなく、好き嫌いだと激しく「同族嫌悪」を抱く間柄です。どっちも自分の中の嫌いと思う部分が根深い子で、だからこそ嫌いな部分も見えたままで相手を好きと言える強さに惹かれる。二人が恋歌に抱くモノは、一部共通してます。
智花が男だったら、常葉が付け入る隙もなく物語は始まらなかったんだろうなと。
故に、常葉に塩を送る気は無いけど、恋歌のために智花はこの先言わざるを得ない。ある意味、貧乏くじです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ