この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

あした最可

これは現在の話ではありません
フィクションであり、現実と絡み、未来(に近くあって欲しいもの)を描いたお話です。
私も一人の人間(美女)をプロデュースする人でありたい。
ただそれだけの期待を込めています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ