この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

あした最可

美菜は、正直苦手な子でした。合わないな、って思ってました。自分と似てるようで反対だから。
けどね、マンガで描かれるようなthe☆ライバル感がどうも自分の中でも相手の中でも定着していて、まあ結論いい友達です。
「いつもありがとう」と言うほど互いに気遣ったり助け合ったりばかりはしないけど、「いないと嫌」な存在。
こういう意味でも「かけがえのない」存在と言える。
なんでこういうノベルチックなことを作家コメで言っちゃったかな。まあいいか。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ