この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

和葉誠

3年かけて、時に環境の変化にも苛まれつつ、ようやく一つの区切りを迎えることができました。
思えば3年前のチャレンジ企画からふわっと始まり、気付けば当初の終了予定箇所をちょっと通り過ぎました。
彼女ら彼らの行く末を、もう少しだけ見てみたい…という自分のわがままで、ここまで辿り着いた感じですね。
何だかんだで、初めて区切りを迎えることの出来た作品になります。
SNSで見た言葉を借りるなら、ようやく「経験値が1つ」たまったという感じなのでしょう。
このお話を読んで、彼女ら彼らの行く末を少しでも見守っていただいた全ての皆さまへ。
本当に、本当に、有難うございました。また、近いうちにどこかでお会いできることを、祈りつつ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0