この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

とち

最後までお読みいただきありがとうございました。マーシャル君を殺してしまうのはとても忍びなかったのですが、筆を進めていくうちに自然とああいう展開になってしまいました。でも、決して、バッドエンドではないと思っています。悲しいことを乗り越えた先に、明るい未来が待っている。そんなメッセージと共に、コノエの成長を描けたのではないかと思います。
私にしては珍しく、主な登場人物が2人だけでした。本当はもっと掘り進めても良かったのですが、他にも書きたい作品があるので、コンパクトにまとめさせていただきました。勢いで書いたものだったため、とても拙く、分かりにくい箇所もあったと思います。そんな中、最後まで読んで下さった読書様には、本当に感謝感謝です。
これからも、少しずつになりますが、様々な作品を書いていこうと思います。
少しでも皆様に、楽しい時間を提供できますように。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0