この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

32

heim

無断ではないです。もっと上から許可とってるので。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
急に出てきた謎の相手に日頃の仕事や勉強内容をあれこれ言われれば、多くの人はイラッとなるものでしょう。まして手を抜いてきた訳でなく真面目にしていたなら尚更に、例えそれが事実であったってすぐに素直に受け取るのは難しいものです。
ただ、これからやることを考えた場合、前もって丁寧に説明しようがしなかろうが反感を買うのは変わらないだろうなというのが古谷の判断です。どうせ反感買うならさっさと始めてしまえ、と思えるあたり、彼も図太くなったものです。
リクは此処まで頂いた内の残り1つまで作成完了済です。安心ください、無理だと思うなら最初から募ってません。で、最初から特にどの話等の限定もしてませんよ。仮に作中でどうにも起こりえない展開だろうが、交流世界という超便利な創作がありますしね!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ