この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

33

heim

いつもと違う。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
同じ機体で同じ戦場に立って戦う相棒ではありますが、波多野と御門では戦う理由が異なっています。御門は純粋に役に立とうという志を持って自発的に軍に入ってますが、波多野の方はそんな高尚な思考は無いです。彼が戦場に向かう理由は、御門がそこに向かうからってだけで、彼女を守り助けられる最も効率良い場所として同じ人型に乗ってます。非常に真っ直ぐな不純さでもって、彼は戦う恐怖を克服してます。なんでそこまで出来るかを問われれば真顔で「愛以外ないけど?」と返事が出来る男です。
不純も徹底的に貫けば真摯と似る。結果が出てんならそれでいーんだよ、とは吾妻の談。ただ動機からして少々変わってるのは確かなので、出来るだけ彼らを受け入れられそうな上司と同僚集まる小隊に配属されてます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ