この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

34

heim

反省点がいっぱい。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
近畿編の前編終了です。ここで!? と言われそうですが。最終目的地だった近畿が前後編で、じゃあ次の後編が最後かと問われますと、答えはNOです。ただ、次の近畿後編は佳境に入ります。この先からは、終わるその瞬間まで古谷は選択を迫られるので、彼にとっての正念場が続きます。とはいえ古谷自身はそれを知りません。
でも、此処まで過ごした時間や経験が無駄じゃないことがこの先で証明される……筈です。
此処までお読みいただきありがとうございます。
次回の更新まではまたしばらくお時間を頂きます。申し訳ありませんがお待ち頂けると幸い。その間は番外を出すなり、青鳥小話でしれっと古谷が出てきたりなどもあると思いますので、全く何も無いということはないかと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ