この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

32

heim

のちに少女は青薔薇姫と呼ばれる。
__
閲覧・オススメ・お気にいり・コメントありがとうございます!
本編まだ途中ですがメリクリ更新。間に合いました。入れ替え後、軍に入る前の青薔薇姫の話です。なにやら面倒かつ権力ある家系のお偉いさんに引き取られてます。色んなことを教わっていますが、のちに青薔薇姫の相棒になる少年はこの家に対し「なぜ常識は教えなかったの!」という感想を持ってます。教えなかったんじゃないよ、この家系の方々は総じて「世間の常識なんて知らぬわ! わはははは!」という、独特思想なだけで。救いなのは、この方々は「戦争を終わらせる」という行為に対しては「後世に誇れる過程かつ結果でないと無意味」という信念があります。
ただし、冗談とかからかいとかそういうのは大好きです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ