この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

34

heim

名古屋市街から移動しました。
___
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
戦闘回から一転、説明回で文字のみです。向日葵姫はギリギリ生存しました。一人操縦で首刎ねられ死ななかったのは、薬物で本来受ける衝撃が軽減されてたからです。
中部軍本部との関係が悪くなったまま名古屋から去った二人。中部全体と悪くなった訳では無いですが。あの戦闘訓練は中部軍中枢の誰かが、最近有名になった古谷たちをマウンティングに利用しようとしたけど返り討ちにあった、という感じです。関東軍の方は古谷からの報告でそれを察したので今回の件は不問。いまの関東軍上層部には、元々青薔薇姫を自由にさせてたような方々なので、この程度は気にしません。逆に古谷のことを「あの姫相手によくまぁここまで」という目で見てる模様。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ