この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

38

heim

彼女がそれを知っているのは、その方針を潰した関係者に引き取られてたから。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
人型という、人が乗り込めるほど巨大な、人を素体にした生体兵器の量産が成功してる時点で、クローンの量産の技術も出来ている……という話。じゃあ何で青薔薇姫は「人から作られてる人型」は受け入れてるのに、「人の量産」による戦線維持を認めないのか、という辺りは、人型が出来る過程や、今回の状況によるものが大きいです。仮に人として扱い育てられ兵士として戦場に立っている、だったら青薔薇姫はそこまで気にしなかったでしょう。
どっかで過去話として入れられれば良いのですが、運用されている人型の生体部分に使用されてる素体は、全部本人の理解と了承が得られているものを使用されてます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ