この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

34

heim

閲覧・オススメ・お気にいり・コメントありがとうございます。
怖い上司がイケイケした結果がこうなります。
汚れ仕事をおしつけた、ように見えますが、単に「最も確実迅速な手段として選ばれた」だけです。精度の高い長距離ミサイルがあったならお館様は嬉々として自分でポチッとしてます。この世界の日本は長距離ミサイル技術が低いです。用途が無いせいで開発後回しなので、長距離ミサイルこそありますが、的確に研究所だけを潰すには精度が低すぎ、信頼度が低いです。
結果の全責任はお館様ですが、その代わり「全部残すな」だそうです。
「しかし、研究所の研究データにはなんらかの価値が」
「阿呆め。後世に誇れぬ目的と手段で生まれたデータなどゴミ以下よ」
「ですが」
「愚か者。そこでカケラでも価値を見出せば、再び馬鹿が生まれよう」
「……」
「故にだ。徹底的な否定が必要なのだ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ