この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

37

heim

許しは請わない。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
もし青薔薇姫と出会った当初の彼ならば、彼女が「やる」と言ったら素直に譲ったでしょう。少なくとも自分からやるとは言わなかった。もし自分でやる場合でも、ここまで考えずに仕事だからと淡々と照準を合わせて撃ったでしょう。
罪を理解した上で、自分で決めて、自分で引き金を引く、それが今の古谷です。
ここに来るまでのいろんな経験で、これだけ変化しました。この先も変化していくでしょう。その変化が良いものかどうかはわかりませんが、変化することも彼自身の選択です。
青薔薇姫は、自分に比べれば古谷がそこまで汚れてないと知ってるし、彼の嘘も分かってるので内心複雑ですが、古谷自身の意志を尊重する方を優先して譲りました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ