この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

30

heim

三歩進んで二歩下がった。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
数時間も走れば近畿軍管轄内だったところから名古屋まで戻されてます。高速などは整備されてないし普通の道だってそんなに良い道ではないので、戻るにもそれ相応に時間がかかるのです。向こうも古谷たちの現在地はわかった上で通信してます。仕事なんて多くは理不尽なものです。
仮に途中どっかの戦場を見つけて遅れる分には古谷も文句言わせる気がないですが、戦闘や作戦に支障がない範囲での上からの命令は、他管轄であっても無下にできない模様。特に古谷はそういうところに気を配れる性格が影響してます。
ここで理由を尋ねてないのは「通信で言えない可能性」を考慮してるせいです。わざわざ戻れとまで言うからには、通信越しでの会話では無理な何かを話すのだろう、という。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ