この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

36

heim

古谷たちの直属の上官はお館様。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
駆け引きは、互いにそれを認識して初めて成立するもの。
皆瀬も結構ギリギリを攻めてます。皆瀬の方は古谷たちの背後のヤバさをよく理解してるので、この状況で危険な橋を渡ってるのは皆瀬の方です。それでもこの状況を用意したのは、それだけ彼らに興味があったからで、危険だとわかってるから部屋に二人きりになってます(普段は秘書官などの事務担当が同室してます)。
そろそろ中部編が終わり。終わった後はまたしばらくお時間もらった後、再開する予定です。
この話も長いですが、一気読みや小分け読み、都度読みなど、皆様どうぞご自由にお楽しみください。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ