この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

35

heim

彼は向日葵姫に自分を重ねたけれど、同時に自分との差異にもはっきり気づいてしまった。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
残り2〜3話です。何のためかわからないように見える中部編ですが、古谷君の変化や自覚を書く上で避けて通れない場所でした。読み手の皆様には一部不快な場面などあったかと思います。申し訳ない。
多かれ少なかれ「戦争をしている世界」を書く上で避けて通れない残酷な部分が多数出ていたのが中部編でした。戦争がよくない理由は、そんな残酷さが現実に露わになるからかもしれません。
この後は近畿突入。中部よりも激戦区である近畿ではもっと残酷なものが……とお考えの方はご安心ください。
近畿には変人(?)が多いです。よって話の雰囲気は変わります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ