この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

33

heim

型番的には超初期の頃のもの。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
初めの頃の青薔薇姫は、相棒が決まらず、ずーっと己の人型の整備をしていました。彼女の配属自体は上からの圧力が大きく、あの遊撃部隊自体も彼女が所属する前提で多めの予算を与えられてました。故に青薔薇姫に出番がなくても部隊の責任者としては何も言えなかったんですが、当時から青薔薇姫に支給されていたのは、配属前に彼女が自ら選んで譲り受けた、本来なら実戦配備もされずに終わっていた可能性が高い初期型です。当時常に整備してたのは、それだけ手を入れていかないと青薔薇姫ですら実戦使用が難しい機体だったからでもあります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ