この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

36

heim

すいみーんぐ。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
既にご想像に容易いかとは思いますが、ようやく主人公たちの出番がやってきました。いやまだ名乗りすら出てませんけど、ずっとお読みの方々にはもう確定的にお察し頂けるかと。やろうと思えば平泳ぎだろうがバタフライだろうが可能なんですが、速度の問題でクロールだそうです。発信機が水中にあった関係で、相手側に情報が正しく受信されなかった模様。
やろうと思えばここまでの数話を削ってこのシーンから開始も出来たんですが、近畿編において御門・波多野の存在は大きいので、そればっかりはご勘弁させて頂こうとなりました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ