この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

36

heim

言われてないどころか、最近まで寄越された事すら忘れてた吾妻さん。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
古谷はかなり警戒してますが、吾妻は仕事でもそんなに腹勘定をする系の人じゃありません。できる人なのは確かですが、かなりの部分で見た目通りの人だったりします。そんなこと知らない古谷が警戒するのは当然ですけど。
そんな吾妻さんからすると、甲信越や関東の上層部は魔窟みたいなものらしいです。近畿では結果さえ出してれば良いけど、向こうでは軍人でも政治的手腕を要求されるので「おーこわこわ」みたいな。あっちには絶対行きたくねーわ、って感じ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ