この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

32

heim

(青薔薇姫は一部改造に関しては許可を得てます)
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
吾妻さんがどんな人か、なんとなく古谷も分かり始めた模様。しかしだからといってすぐに腹を見せられるほど古谷も甘い子じゃないので、じりっと距離を取りつつ話をしている状況です。まぁ逆に、ここで呑気に「じゃあ」と全部喋るような相手だったら、吾妻さんも見方を変えて距離をとりそうではあります。
そうは見えないけど頭のいい人同士の会話において、表面だけでは伝わりきらない情報が多く含まれる場面が出てしまうのは、もどかしいものです。ただ空気だけでも伝われば、と思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ