この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

35

heim

やだこいつら何なの。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
古谷たちはしばらくずっと2人きりでやってたせいもあり、周囲から見ると単なる相棒以上の雰囲気をたまに撒き散らす存在になってるよ、という回です。まぁそれを教えられても古谷も青薔薇姫も気にしなさそうですけど。
世間ではシルバーウィークだそうで。読書の秋ですし、読んでくださる方が増えるんでしょうか、と思いつつ。
リク募集したいけど募集してない最大の理由は、返答ない場合寂しいからですよ。次に具体的なテーマ?がないと意外に難産になるからです。仮にアミルの話を書くなら、アミルの「何を」書くのかが欲しいんですよね。そこが多少無茶振りでもいいですから、っていう。(例えば告白、愛の歌、喧嘩、甘え、悪戯、怒り、困惑、心配、嫉妬……ほら色々出てきません?)
しかしまぁ、折角連休ですし考えてみますかね……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ