この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

花色木綿

いつも閲覧並びにオススメなど、ありがとうございます。花色木綿です。
前回に続き、少し思い出語り的な裏話を。
✳︎
元々この『お気に召すままに』は、安成のキャラから生まれたようなもので。お嬢様とボディーガードのラブコメを書きたいと思ったのが出発点だったりします。
安成の性格は端から頭の固い大真面目な馬鹿と決まっていたのですが、一方のお嬢様は固まらず。
丁度この話を考えていた頃、前作『華族ごっこ』を書き終える所で。そういやあ道松の実家は金持ちで、娘が生まれたら溺愛しそうだなと。周囲のキャラ(友人など)も、前作と関係のあるキャラにすれば、そんなに考えなくても済みそうだなと。ズボラな考えから道松の娘を主人公に、前作のスピンオフとして書きました。
が、女の子視点から書くのが苦手な花色は、鈴波のキャラもちゃんと固まっていなかったのも相俟って、結局書き始めは苦労するという結果になりました。
花色 木綿

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?