この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

花色木綿

いつも閲覧並びにオススメなど、ありがとうございます。花色木綿です。
✳︎
従兄弟三人組は、前作で書き易かった梅吉と藤助、それから主人公だった牡丹の子にしようという理由で決めました。
香散見みたいな馬鹿は書き易かった分、出番も多かったのですが、反対に楓貴は影が薄くなってしまい。もう少し活躍させてやりたかったなあと反省しています。
立夏は女の子だった分、鈴波と行動を共にすることが多く。鈴波の良き理解者として書けたかなと。彼女と定光のエピソードは、前作の藤助が女だったら柳徳と結婚エンドにさせていただろうなーというのが出発点で。
始めは定光でなく柳徳とと思っていたのですが、さすがに年の差があり過ぎるなと。いや、定光もですが、コイツは一応俳優だったという設定で。キム●クみたいに年齢なんか問題にならない外見持ちなら、いけるかなと。
とまあ、そんな感じです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?