この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

小野冬斗

ル「第39話!閲覧あざました」
奏「何かキャラがぶれてないか?」
ル「そんなことはどうでもいい。それよりも、今回は何かお知らせがあるんじゃなかったのか?」
奏「あー、そうだ。この作品の連載が始まり早2か月たちました!」
ル「やったの!」
奏「いや、喜んでばかりはいられないんだ。実は、」
ル「何じゃって!?」
奏「まだ言ってねぇよ。・・・で、2か月たったことにより、遂にこの作品も新作扱いされなくなってしまったんだよ」
ル「それの何が問題なんじゃ?」
奏「新規さんが増えにくくなりそうって話」
ル「新作ランキングから除外されたからか?」
奏「大方そんな感じだ。いろいろな人に読んでもらいたいだろ?」
ル「我は別にどっちでもいい」
奏「そこは嘘でも頷いとけ!まぁいいや、とりあえず幅もないし次回予告!」
ル「我は!?奏太は!?」
奏「第40話『4人目のコントラクター』お楽しみに!」
ル「お楽しみに!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ