この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

小野冬斗

奏「第40話閲覧ありがとうございました!」
ル「言いたいことがある」
奏「なんだ?」
ル「我と奏太が無事なのはよかった。じゃが、なんじゃこのRがつきそうでつかなそうなきわどい内容は」
奏「大丈夫だ。この作品は多少グロ表現はあれどRがつくような作品じゃない。超健全なラノベだ」
ル「ほう?」
奏「なんだよ。その反応は」
ル「別に~?ほれ、さっさと次回予告」
奏「はいはい。えーっと、次回は軽く戦う。血が出る。以上」
ル「第41話『・・・私のために』お楽しみにな!」
奏「みに~」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ