この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

小野冬斗

奏「第42話閲覧いただきありがとうございました」
ル「何かこの感じ久しぶりじゃな」
奏「10月入ってから初めての更新だからな。遅れてしまって本当に申し訳ありません」
ル「何で奏太が謝るんじゃ?悪いのはあの作者じゃろ」
奏「作者がこの場に出るのは都合がよすぎるだろ?作品の中にいるみたいで。だから代わりに俺が謝る。それだけだ」
ル「難しいことは分からん」
奏「わかれよ」
ル「そんなことより次回予告じゃ。次回はアクションじゃな?」
奏「その予定だ。次回『コントラクターは好きか?』お楽しみに」
ル「お楽しみに」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ