この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

小野冬斗

奏「第51話閲覧いただきありがとうございました!」
ル「さて問題です」
奏「お?なんだ?いきなり」
ル「前回の更新からどのくらい経っているでしょうか?」
奏「最後が2月だから、約三ヶ月だな!本っ当にごめんなさい!」
ル「言い訳は?」
奏「正直に話すと。この話は前回の更新の次の日に出す予定で、執筆も終わっていた。けどな?最後の最後にブラウザがバグって投稿できないものになったんだよ」
ル「へー」
奏「興味なし!?」
ル「この作品に読者がいるのかが不思議じゃな」
奏「それは作者も気にしてるからいることを願おうぜ?な?」
ル「さーて、次回は?」
奏「変わり身早!あ、えっと、第52話『俺も、ゲームに参加する』をお送りします」
ル「次の更新はいつかのぉ。いつなんじゃのぉ?」
奏「ジト目で俺を見るなぁ!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?