この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

41

宇佐木ぷらす

お読みくださり有難う御座います。

手をなんとかもしゃもしゃやったら、今度は髪の毛地獄が待っていました。
髪って、今まで苦手に思った事は無かったのですが、めちゃくちゃ難しいです。
手より難しかった。やばい。
今までよっぽど適当に描いてたんだな、と思いました。
鬼のような難しさ。

さて。
壁ドンです。
流れに任せたら、そうなってました。
先生、大人なんですが、隠し事が多いせいで言動が滅茶苦茶です。
大変ですね。

王子君は、悩むけど言いたい事は言うコです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ