この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

43

宇佐木ぷらす

いつも有難うございます。
更新が滞りがちで申し訳御座いません。

作者コメントですが、今後過去の話から随時書き換えていく予定です。
宜しくお願い致します。

今回の話の内容は、誰にもわかりません。
何のことを話しているのか解らなくても、全く問題ありません。
彼らが解らないように、宇佐木もわからないのです。
誰にもわからないのです。
もし、夏目殿の知人に出会う事があれば尋ねてみるのも良いと思います。
彼がその知人に話していたかは別ですが、宇佐木が知り得た話以外の違った話が聞けるかもしれません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?