この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

泣き癖

あっという間に10月。多種多様に忙しくしたい事もままならないまま時間だけが過ぎていく始末。もっと書き進める予定だったのですが、現実は厳しいですね。
ここ最近飲み会の席で初めて記憶が無くなるまで呑んでしまいました。普段からウラオモテの激しい人種ですので起きた時の緊張感が凄かったのを覚えています。しっかりベッドで寝ていたことには安心しましたが。_(:3 」∠)_

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ