この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

49

ぺぺ

自分で書いてて胸が痛いです…。君×3からの読者さんがまた私の作品を読んでいてくれたことに私は感動しています…。さぼり気味で申し訳ないです…。今月内にはこれを完結し、来月には君×3の連載を始められるように頑張りますね。恋は盲目といえば、小学生の頃好きな人にもらったビーズを思い出しました。好きな子から、掃除のときにゴミの中から拾ったビーズを照れくさそうに渡され、「嬉しい!」と「ゴミじゃね?」という気持ちが複雑に入り交じり、結果、「でも好きな人から貰った!」という気持ちが勝ちました。恋は盲目です。今なら言えます。あれは純然たるゴミです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ