この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

ぱりにゃん

こんにちは。今回もお読みくださりありがとうございます。
ぱりにゃんです(=^・・^=)
今回は1999字でした。オーバーしたので少し削った感じです。
 
さてさて、そろそろ気付いているかもしれませんが、この作品は多分他の私の作品と毛色が少し違っています。今回は3話目ということでその雰囲気を少し強めてみましたが、お分かりいただけたでしょうか?
 
といいつつも、これも含めて多くが一人称視点で書かれた物語ですが、実は私が初めて書いたもの、というよりも自分が読むように書いてる多くのものが第三者視点、神の視点の作品なのです。なので一人称視点はまだ模索中みたいなもので。読みにくいなどありましたら遠慮なくご指摘ください!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ