この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

ぱりにゃん

どうも、ぱりにゃんです!
展開早くなるとか言って、意外とそんなことなかったような気もしますが、きっと気のせいでしょう。もうすぐ終わりも見えてきました!
 
最近は溜まってた本を読んでばかりで、書く方がおろそかになってしまってます。しばらく書いてないと、作品ごとの設定や書き方とか忘れちゃって、一話から読み直したりして余計時間がかかっちゃいますね。設定を忘れたというか、頭にある設定のどこまでを書いたかを忘れる、といった感じです。
 
今回のコンテストは完結じゃなくても良さそうなので、五話も超えたことですし慌てず自分のペースで続けようと思ってるので、よろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ