この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

トーヘンボク

作者の本領が発揮した回ではないかと自負しておりますが、おたのしみいただけたでしょうか。
いや~、それにしても、思いのほか長くなりましたね。
ほんとうは13話と分割せずにここまで書くつもりだったんですが、web小説はけっこう気軽に楽しむイメージがありますので、いっぺんに10000字近く読むのは疲れるだろうなと判断してこの形になりました。
言うて1話ごとにも字数制限(10000字以内)があるのでね、分割しないとふつうにアウトだったりします。
それでまぁ、あれです。これが年内最後の更新ですね。
そしてリアルがちょっとアレな感じなので、次回の更新は早くて二月とかになりそうです。ごめんなさい。
でもだいじょうぶです。ぼくはげんきです(健康とはいってない)ってやつなので必ず戻ってきます。
ってなわけで皆様、よいお年を!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0