この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

トーヘンボク

最近思いついた料理に串焼きがあります。
団子状にした肉――おそらくつくねのようなもの――を串にさし、ライスペーパーなどの皮を巻き、緑色のソース――候補としてはヨモギ、海苔を少量の緑茶で溶いたもの、青のりなど――をかけて焼けば青虫風串焼きができるのではないかと。
さらにその肉のなかに青の着色料を塗ったくった牛脂を入れればあら不思議、かじった瞬間体液のごとき真っ青な肉汁がほとばしるのではないかと。
さらにさらに白滝や糸こんにゃくなどでウゾッとさせた脚をつくればよりゲテモノ感が増すんじゃないかと。
なんて、そんなとりとめもないことを考えたりして日々を過ごしています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ