この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

39

YUKI

お読みいただきありがとうございます。
おすすめコメントありがとうございます。
久々にこんなに開けてしまいました。
ちょいとプライベートの方が忙しかったのです……申し訳ないです。
もし待っていてくださった方がいたら本当にすみませんでした。
じわじわと追い詰めていくスタンスですね。蒼君に恐怖を植え付けよう作戦です。
暗闇の中で、目の前で手を目の前で左右に振ったら微妙に見えました。
脳のある部分(松果体というところです)が察知しているようです。
暗所恐怖症で本当に暗いの駄目なので、緊張状態での実験でした。蒼君の緊張状態は更にでしょう。
ではでは、不定期更新で申し訳ありません。少し時間を置いて投稿致します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ