この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

34

YUKI

お読みいただきありがとうございます。
オススメ、コメントありがとうございます!!
一応、蒼君と紫月君が早く駆けつけられた理由がありまして。紫月君が大崎君の部屋を漁ったら財布と定期がなくなってたんですね。
それで学校?と思ってまず行ってみたら、屋上に大崎君の姿を見つけたのです。大崎君はのんびり徒歩+各駅電車、二人はダッシュ+快速電車、それで早くたどり着けたというのがあります。
作中に出てこないネタをここで説明っていうのはアウトな気が……(;´ω`)スミマセン。
いつまで友達関係がもつのかって感じですよね。
頑張れ、蒼君。
では失礼します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ