この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

52

heim

そして未来のいつかへ。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます!
間に合った……2017ハロウィンです。主人との優しい記憶ですが、完全に全部を覚えてるわけじゃないし、大事なのは正しいことではないと彼は知っているので、これで構わないと思ってます。結果としてなんか色々面白い事になってますが……この未来に彼がいなくても、他の優しい誰かによってどうにかなるのです。
思い出は愛しい大切なもので、だけど2度と戻れない場所でもあります。だからこそ彼は今笑う。今が常に未来の思い出になるのだから。
そんな簡単なことをこの子どもが理解するのはずっと先の話。自分が彼と同じ立場になって、やっと。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ