この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

37

heim

惜しい。
__
閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます。
黄金週間更新、こどもの日編です。端午の節句とも申しましょうか、とりあえずこいのぼりだの兜だのを飾ったり、鯉だの栗だのちまきだの柏餅だのを食べるあの日です。が、やっぱり色々間違ってるという。
回転干物機は実在するものです。ご主人の家にはご家庭用のものがあった模様。鯉のぼり飾るような家庭では無かったようですが、干物を作る家庭ではあったようです。それを鯉のぼりに見立てるのもどうかと思いますが(しかも名前を間違って覚えてる)。まぁ、あれやこれやの行事からすでにお察しのようなご主人だったので、この行事もまともな事を吹き込んで無かったよって事で。
……勿論、はるか未来で、彼が願うように大きく育った誰かさんは、この行事を引き継いでます。のびのび育って欲しい子がいますからね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

1