この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

46

heim

閲覧・オススメ・お気にいりありがとうございます!
この話はあまり長くない感じです。実はもう半分くらいまで進んでます。さらっと読んで貰おうという当初の考えに合わせてさらっと終わる予定です。この辺なんかコメントなんてしようもないほどアレだと思うんですが、皆様のお暇つぶし程度になっていれば幸いです。
普段ならここに内容に関してあーだこーだ言ってたりするんですが、それが出来ないこの話では書くことが毎度無い……無いなら書かないでいいでしょ、って? 本当そうなんですが、自分はどうやら空白は埋めたい系なようでして。なんとなく書きたいのですよね。限界まで埋まっていくとやり終えた感です。ここは400文字だけど。
ただ本文の長さは読みやすいだろうと思う区切りでやってるので、話によって長短が当然あります。これは仕方ないです。内容の文量は書き方や世界観で変えてますが……まぁ基本どの話も多めですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ