この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

ひいらぎ

こんな感じの緩い日常系ファンタジーを書きたいなって思ったのです。プロローグにも満たないプロローグみたいな何とも分かりにくいお話だったとは思いますが「読んでみたいっちゃ!」な神読者様は果たして居られるのでせうか……。タイトルのn番煎じ感が否めない。多分、後日加筆修正します。ほぼ予告みたいなお話なので。
続くかどうかは…あの…反応次第です…。豆腐メンタルな20↑成人済み故、お手柔らかにお願い致します…。
最近のラノベ事情には疎いので○○に似てる!みたいなことももしかしたらあるかもしれません。そういったご指摘があれば、ひっそりと消えます( ˘ω˘)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0