この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

タオタオ

いつも読んでくださり誠に、感謝感激で御座います。
当作品は、別の場所でも公開しておりましたが、今後の処理を考え(手間が……)
コミコのみの公開に踏み切りました。
今回はちょっと『やってみたかったシリーズ』の一つです(笑
「ハルネにとってどんな存在なのだろう?」という面を出したかったので。
そしてちょっと短期間での仕上げ。
ええ、友人に「書け」と言われまして「書いたろやんか!!」と調子にのりました。
今後ともエヴァンズ・ペインをよろしくお願いいたします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ