この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

OpheRia

かつて自国の領土をナチスに占領された人々にとって、「茶色」という色は、ファシズムや極右を彷彿させる色だったそうです。
 
 
 
どなたかはわからないのですが、アップするとすぐにグッドを押してくださる読者さんが一名いらっしゃるのではないでしょうか。私の小説を読み、そしてグッドを押してくださってありがとうございます。とても励みになっています。小難しい設定の多い話しではありますが、最後に綺麗にまとまるように、しっかり考えながら書き進めていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ