この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

30

大野原幸雄

最後まで読んでくださりありがとうございました。
ヴィレン・マ二ングは当初、こんなに人間らしいキャラクターのハズではなかったのですが、描いているうちに僕自身がヴィレンのことを好きになってしまい、大幅に物語を修正することになりました。
結果的によかったと思ってます。
次回はお知らせがございます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ